NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【東北楽天ゴールデンイーグルス】楽天イーグルス選手会 甲子園球場で募金活動 (2011/4/18)

4月15日(金)に岩隈投手と青山投手、4月16日(土)に小山投手と田中投手、4月17日(日)にラズナー投手と永井投手が阪神甲子園球場で募金の呼びかけを行い、1,206,937円が集まりました。

また、3日間、甲子園球場のゲート周辺で義援金の募金箱を設置し、214,893円が集まり、合計で1,421,830円の募金をいただきました。

寄付頂いた義援金は「日本赤十字社」を通じて、被災地の復興支援に活用されます。ご協力、ご調整頂きました皆さま、誠にありがとうございました。

今後も楽天イーグルスでは、日本各地で被災者の方々、被災各地を思いながら、我々にできる限りの事を行ってまいります。

岩隈久志投手 コメント

記者:今の気持ちをお聞かせください。

岩隈:僕らにできることは限られているのですが、プレー以外でもできることをさせてもらおうと甲子園でも募金活動をさせていただきました。色んな方々にご協力いただき、感謝しています。

記者:関西でもたくさんの方々が球場に来てくれましたね。

岩隈:嬉しいです。「優勝してください」、「頑張ってください」と声をかけていただき、逆に元気や勇気をもらいました。皆で、日本のために頑張っていることは良いことだと思います。

田中将大投手 コメント

記者:今の気持ちをお聞かせください。

田中:報道に取り上げられている今だけではなく、長い期間、こういった活動を続けていかなければ意味がないと思ってます。できることは少しでもやっていきたいし、今はたくさんの方々にご協力いただいて感謝の気持ちでいっぱいです。

記者:ファンの方々にどんな言葉をかけてもらったのですか。

田中:楽天イーグルスのファンだけでなく、オリックス、阪神、広島…といった色んな球団のファンの方々に甲子園に来ていただけましたし、頑張ってと声をかけられたことは嬉しかったです。

記者:先週は実際に、被災地へ行きました。

田中:テレビで見る報道だけを鵜呑みにしていいのかという思いがありましたので、自分の目で見て確認できましたし、復興までは時間がかかると思いましたので、これからも支援活動を続けていければと思っています。

記者:改めて今シーズンの思いをお聞かせください。

田中:チーム一丸となり、日本一を目指して頑張ります。監督も仰ってますが、皆で東北に良い報告ができるように力を合わせて頑張っていきたい。

永井怜投手 コメント

記者:今の気持ちをお聞かせください。

永井:今だけではなく、一年単位でやっていかなければいけないと思うので、これからももっと活動していきたいと思っています。登板する日は厳しいけれど、時間があるときは積極的に参加していきたいです。

記者:良いピッチングをしたことで励みにもなりましたか。

永井:良いピッチングをしなくてもこういう活動はしっかりやっていきます。頑張ってとたくさん声をかけられましたし、東北の皆さんにも伝えていければと思います。

記者:そういった声は力になりますか。

永井:阪神大震災を経験した方もいらっしゃいましたし、東北から避難してきた方もいらっしゃいましたが、そういった方々から声をかけていただくとパワーをもらえる感じはします。

楽天イーグルスの支援活動
http://www.rakuteneagles.jp/company/support/

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ