NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【東北楽天ゴールデンイーグルス】第15回「あおぞらベースボール」を福島県・猪苗代町(3ヶ所)で開催 (2011/4/21)

4月21日(木)、「楽天イーグルス ベースボールスクール」 のジュニアコーチを務める鷹野史寿コーチ・山下勝充コーチ・中濱裕之コーチと、楽天イーグルス公式チアリーダー「東北ゴールデンエンジェルス」のメンバーが福島県・猪苗代町の3ヶ所の避難所を訪問し、第15回「あおぞらベースボール」と「リフレッシュ体操」を開催しました。

最初の訪問先は、「リステル猪苗代」。ここには、双葉町から約400名の方が避難をされています。チアリーダーによるリフレッシュ体操では、年配の方が元気に動いてくださいました。また、ジュニアコーチのバッティングのデモンストレーションでは、場所の広さを考慮して素振りを披露。鷹野コーチによる空気を切り裂くスイング音に、皆さん圧倒されました。そして、中濱コーチによる「郡山出身の自分から皆さんに元気が届くようにフルスイング」の言葉で、大いに盛り上がりました。参加頂いた方の中には、昨年20回以上もKスタ宮城に来ていたという方もおり、涙ぐみながら「来てくれてありがとう」と言われました。

次の訪問先は、「観光ホテル」。ここには、浪江町から約200名の方が避難をされています。始まる前から笑顔で迎えて頂き、和気合い合いとした雰囲気の中スタート。チアリーダーによるリフレッシュ体操では、「久々に動いた」と言われる方が多くいらっしゃいました。また、鷹野コーチ・中濱コーチが再び素振りを披露し、ここでも驚嘆の声があがりました。最後は、小学校から戻ってきた子供たちと一緒に、みんなでボール遊び。楽しむ子供たちを見る大人たちの顔にも笑顔が広がっていきました。「ここまで来てくれて本当に嬉しい。楽天イーグルスは本当に応援してるから、自分達の分も頑張って欲しい」という言葉を頂きました。

最後の訪問先は、「青年交流の家」。ここには、沿岸部各地から約400名の方が避難をされています。ドッジボールでは、小さいお子さまから、周りで見ている大人の飛び入り参加もあり、みんなで盛り上がりました。また、山下コーチがピッチング(スピード測定)のデモンストレーションを披露。150キロ近いスピードに驚き、お約束の「消える球」で笑い、終始、山下コーチに釘付けとなっていました。その後に、南相馬市の方を対象した夕べの集いに参加。挨拶&質問会があり、郡山市出身・中濱コーチの話を皆さま頷きながら真剣に聞いていました。最後に握手をしながら退場。参加者の皆さまからは「ありがとう。必ずKスタ宮城に行くからね」等々のお声掛けを頂きました。

今回の訪問に際して、商工会議所の方々が案内・調整を行ってくださいました。担当の方は「ここにはボランティアはいるが、このように訪問してくれる団体・人はいない」とのこと。今回のあおぞらベースボールを大変喜んで頂きました。また、行く先々で、「ここまで来てくれるなんてありがとう」と歓迎して頂きました。ご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。

今後も楽天イーグルスでは、出来る限りの支援活動を各地で続けてまいります。

楽天イーグルスの支援活動
http://www.rakuteneagles.jp/company/support/

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ