NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【東北楽天ゴールデンイーグルス】南三陸町で開催の「ふれあい野球教室」に4選手が参加 (2011/5/7)

5月7日(土)、川井貴志選手・丈武選手・楠城裕介選手・山本大明選手と、「楽天イーグルス ベースボールスクール」 のジュニアコーチを務める今関勝コーチ・中濱裕之 コーチが、南三陸町で開催された「ふれあい野球教室」に参加しました。

南三陸町は、今回の震災で甚大な被害を受けた町の一つです。楽天イーグルスは、毎年ファーム公式戦を開催しており、2011年も平成の森しおかぜ球場で6月に予定しておりました。また、「楽天イーグルス・南三陸協議会」とは、ファーム公式戦の開催など楽天イーグルスを支える様々な活動を通じて交流がありました。そのような中、日頃よりお世話になっている南三陸町と協議会に対し、恩返しの意味も込めて少しでもお役に立ちたいとの思いで、今回の「ふれあい野球教室」の開催に至った次第です。

会場となった「南三陸町立入谷小学校」の校庭には、南三陸町内の少年野球5チームと近隣の子供たち約70名が集合。これまでチームが集まることはなく、チーム毎の練習等もなかったため、今回が初めて各チームともチームメイトと顔を合わせる機会となり、親御さん含め皆が再会を喜んでいました。また南三陸町では、ほとんどの少年野球チームでユニフォーム・野球道具一式が流されてしまっていたが、開始前に全国から集まった支援物資・野球用具一式を町の人からそれぞれ受取り、参加しました。

今関コーチの「今まで大変だったと思うけど、この時間は楽しんでください。」という挨拶でスタート。集まった子供たちは、保護者など約70名が見守る中、キャッチボール・バッティング・ノックなど、久しぶりの野球を元気一杯に楽しみました。川井選手は、キャッチボールのアドバイスをしながら声掛けをしました。丈武選手は、トスバッティングを指導しました。楠城選手は、ノックをしました。山本選手は、近隣の子供たちと縄跳び・サッカー・徒競走などで遊びました。プロ野球の選手たちを前に、子供たちは真剣に楽しく一緒に野球を行いました。

見守っていた保護者の方からは、「子供たちを見ていると頑張ろうという気持ちが湧いてくる」「子供たちの笑顔を見ることが出来て良かった」「応援しているので優勝して欲しい」という言葉を頂きました。ご協力頂いた皆さま、ありがとうございました。

今後も楽天イーグルスでは、出来る限りの支援活動を各地で続けてまいります。

楽天イーグルスの支援活動
http://www.rakuteneagles.jp/company/support/

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ