NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【東北楽天ゴールデンイーグルス】[がんばろう東北] 第9回・被災地招待事業の実施報告 (2012/6/8)

6月3日(日)、「がんばろう東北」の支援活動の一環として、被災地招待事業を実施いたしました。9回目の今回は、宮城県・女川町から119名の皆さまをご招待いたしました。

Kスタ宮城までのバスでの送迎・お弁当・応援グッズをご用意させていただき、広島カープ戦を観戦。試合は、ホーム初登板となった釜田佳直選手の熱投で勝利 しました。試合後には、川井貴志選手・中島俊哉選手・聖澤諒選手・釜田佳直選手との交流会が行われました。「みなさんこんにちは。今日は試合を見に来てく れてありがとうございました。みなさんのおかげですごく良い試合ができて、勝つことができました。今日はこの4人で皆さんと楽しみたいと思いますので、よ ろしくお願いします。」という川井選手の挨拶で交流会はスタート。最初は中島選手・釜田選手と聖澤選手・川井選手のグループに分かれて、子どもたちにサイ ンをプレゼント。自分のお気に入りのグッズやボール・色紙などに目の前でサインを書いてもらって子供たちは興奮気味でした。その後の写真撮影では、笑顔が あふれていました。

最後は中島選手が挨拶。「おつかれさまでした!久しぶりに子供たちとふれ合ったので、こちらが楽しい気持ちになりました。まだシーズンが続きます。チーム は良い状態で、今日も釜田がいいピッチングをしたので、これからもチームに貢献してくれると思います。川井さんも良いところで投げてくれると思います。僕 は密かに頑張ってるので・・・(笑)」、と、話がまとまりそうなところで、司会のスタジアムDJ・古田優児が「今日の釜田選手はどこが良かった?」と質 問。すると、「ピンチに強いところが良いですよね。本当に粘り強く投げてくれたので、そういうところはやっぱり持ってるんですね。これからももっと期待で きます。」と中島選手。このコメントには子供たちも「うんうん」と聞いていました。「と、いうところでこれからも応援宜しくお願いします。今日はありがと うございました!」。最後は選手皆がハイタッチにて子どもたちを見送って交流会が終了しました。

この被災地招待事業は、帝京大学様、プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命様にご協賛いただいております。ご協力いただいた皆さまには心より御礼申し上げます。

今後も楽天イーグルスでは、出来る限りの支援活動を各地で続けてまいります。

楽天イーグルスの支援活動
http://www.rakuteneagles.jp/company/support/

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ