NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【東北楽天ゴールデンイーグルス】[がんばろう東北] 第14回・被災地招待事業の実施報告 (2012/10/3)

9月23日(日)、「がんばろう東北」の支援活動の一環として、被災地招待事業を実施いたしました。14回目の今回は、宮城県・亘理町から90名の皆さまをご招待いたしました。当日の福岡ソフトバンク戦は雨のため残念ながら中止。しかし、嶋基宏選手・藤田一也選手・塩見貴洋選手・菊池保則選手が登場し、Eagles' Nestで交流会を行いました。

菊池:皆さんこんにちは!菊池保則です。今日は短い時間ですが、楽しんでいってください。よろしくお願いします。
塩見:こんにちは!悪天候の中ありがとうございます。今日は楽しんでいってください。よろしくお願いします。
藤田:こんにちは!背番号6番の藤田です。皆さん覚えて帰ってください。今日は雨で試合が中止になって残念ですが、この時間を楽しんで帰ってください。よろしくお願いします。
嶋:こんにちは!試合できたよね(笑)。せっかく試合を楽しみに来たと思うんですけど、その分僕たちも頑張りますので、短い時間ですけど楽しんでいきましょう!

最初は塩見選手・藤田選手と嶋選手・菊池選手のグループに分かれてサインのプレゼント。目の前で書いてもらうサインに子供たちは興奮を隠しきれぬ様子でした。サインを貰う際に藤田選手に守備のコツを聞いたりと、思い思いに選手たちと交流をしていました。その後の写真撮影では、子供たちの元気な笑顔が溢れていました。最後は、菊池選手から子供たちへメッセージ。「今日は短い時間でしたが、ありがとうございました。僕たちはまだまだクライマックスシリーズを狙える位置にいるので、皆さんの応援を糧に頑張っていきたいと思いますので、全力で楽天を応援してください。今日は本当にありがとうございました。」

最後にサプライズで、松井稼頭央選手・田中将大選手・嶋基宏選手の直筆サイン入りボールを各チームに1つプレゼント。目当ての選手のサインボールを手に入れるために、各チーム代表によるじゃんけん大会が開催され交流会は大盛り上がりのうちに終了。その後は、スタジアムツアーを行い、プレステージでお弁当を帰路に就きました。

この被災地招待事業は、帝京大学様、プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険様にご協賛いただいております。ご協力いただいた皆さまには心より御礼申し上げます。

今後も楽天イーグルスでは、出来る限りの支援活動を各地で続けてまいります。

楽天イーグルスの支援活動
http://www.rakuteneagles.jp/company/support/index.php

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ