NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【読売ジャイアンツ】開幕戦に被災地から20人を招待 (2011/4/12)

プロ野球が開幕した12日、一軍は山口県のユーピーアールスタジアム(宇部市野球場)でヤクルトと対戦しました。この試合には、東日本大震災で被災した子どもたち11人を招待したほか、選手による募金活動も行われました。

試合前のセレモニーで、原監督が「1年間死力を尽くして最後まで戦い抜くことを誓います。被災地支援も続けていく覚悟です」とあいさつ。被災地から宇部市に避難している子どもたち11人を含む20人を市の協力で招待し、子どもたちは選手が守備位置につく際、グラウンドでハイタッチをしました。

また、選手会長の内海投手と福島県相馬市の実家が被災した鈴木選手が、ヤクルトの村中、増渕の両投手とともに球場正面で約20分間、募金活動を実施。選手が球場内に引き上げた後も募金は二回まで続けられ、約100万円の善意を寄せていただきました。


募金を呼びかける4選手(左から、内海、村中、鈴木、増渕の各選手)

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ