NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【読売ジャイアンツ】東京ドームで震災支援 (2011/5/3)

東京ドーム初戦の3日、試合前に巨人、阪神両チームのメンバーと来場者全員が、東日本大震災で亡くなられた方々を悼み黙とうが行われました。

選手と一緒に守備に着く「On Your Marks」では、被災地の福島県双葉町の双葉町スポーツ少年クラブの子どもたち9名が招待されました。埼玉スーパーアリーナでの避難生活中に鈴木選手が慰問し、交流を深めた子どもたちで、始球式は山本雅樹君(小6)が行いました。山本君は緊張した面持ちでしたが「避難生活で野球ができなかった分も、今日は思い切り投げた」と、見事なストライクを投げ、詰めかけたファンから大きな歓声が送られました。

開場直前には、余震を想定して東京ドームの係員がアナウンスの練習を行いました。無人の観客席に配置された総勢230名の係員は無線の合図に合わせ「ご安心ください、東京ドームは地震に強い建物です。ご着席のままお待ちください」と声を上げ、混乱の防止に努めていました。

一方、開場から五回終了まで、清武英利・球団代表ら球団職員約20人が中心となって、ドーム内の10箇所のゲートで、義援金募金の協力を呼びかけました。連休中に訪れた多くの家族連れや女性ファンから募金が寄せられ、「被災地のために頑張っていきましょう」、「日本一を目指してください」などと言葉をかけられた職員は、「ありがとうございます」と応えながら、丁寧に握手を交わしていました。募金は今後も続けていきますので、皆様のご協力をお願いいたします。


黙とうを捧げるジャイアンツナイン

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ