NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【読売ジャイアンツ】坂本選手らが被災地の子供とキャッチボール (2011/5/16)

「日本生命 セ・パ交流戦」のスタートを翌日に控えた16日、巨人の内海、坂本、藤村の3選手が、楽天の嶋、鉄平、田中の3選手といっしょに仙台市のKスタ宮城のグラウンドに出て、NPBの東日本大震災被災者応援イベント「心のキャッチボール」に参加し、子供たちとキャッチボールで楽しく交流しました。

震災で校舎が使えなくなり、市内の小学校を間借りしている小学生の男女ら220人が参加。キャッチボールでは、坂本選手が「ステップする足を、相手の方向に向けて投げて」、内海投手が「相手の胸をめがけて投げて」などのアドバイスを送りました。手本にと、内海、田中の両球団エースがキャッチボールを始めると、子供たちから「速い!速い!」と驚きの声が。また、嶋選手が捕手、坂本選手が打席に立って、子供たちがピッチングをした時には、緊張したのか2球連続で死球をぶつけた子供に、坂本選手が「わざとじゃないの?」と言うと笑いが起こりました。

質問コーナーでは、「どうして野球選手になったの?」と問われた坂本選手は、「野球が本当に大好き。小学生の時から、マー君(田中投手)といっしょに頑張っていました」と答えていました。

最後に記念撮影をし、実際に試合で使われたボールがサイン入りで220人全員に配られました。内海投手は「みんな元気だったので、安心しました」、坂本選手は「ぼくらももっと頑張って、いいプレーを見せて励ましたい」、藤村選手は「子供たちとふれあって、ぼくたちが元気をもらいました」と、3人とも笑顔を見せていました。


坂本選手が打席に立ち、子供たちと“真剣勝負”

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ