NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【読売ジャイアンツ】村田選手の「ささえるん打基金」 福島の新生児医療団体に寄付 (2013/10/3)

村田修一選手による新生児医療支援プロジェクト「ささえるん打基金」は2日、福島県の新生児医療に携わる医師らでつくる「福島県新生児医療連絡会」に基金の一部を寄付しました。新生児集中医療室(NICU)の支援だけでなく、東日本大震災復興への願いも込めて今回の寄付が決まりました。

この日、国立病院機構福島病院で行われた贈呈式では、同連絡会の河原田勉代表に寄付金の目録や村田選手のサイン色紙などが贈られました。

村田選手は長男が早産による未熟児だったことから、新生児医療を支援しようと、横浜球団在籍時からNICUへの寄付金を贈呈しているほか、入院中の子供たちを慰問したり、球場に招待したりしています。基金は、村田選手が1打点につき1万円を積み立てているほか、ファンの皆様に購入いただいたチャリティーグッズ「村田修一 ORANGE BAND ACTION」の収益金も積み立てています。

ジャイアンツオンラインショップでは引き続き、「村田修一 ORANGE BAND ACTION」を販売しています。皆さまのご支援、ご協力をよろしくお願いします。

村田選手のコメント

「私の息子も未熟児で誕生しました。NICUの先生方の懸命な姿を今でも忘れることはありません。自身も経験したことでNICUの大変さは身に染みて感じております。微力ながら何かできないかと考え、このようなプロジェクトを発足させました。小さな体で一生懸命に頑張る子供たちとご家族のため、僕が出来ることを考えてみました。読売巨人軍の協力もあり、またファンの方たちの協力も得ることができ、このような形となりました。この場をお借りして、球団およびファンの皆様のご支援、ご協力を頂きましたことを本当に感謝いたします。ありがとうございます。心ばかりでございますが、少しでもお役立て頂ければと思っております。震災から2年半が過ぎましたが、まだまだ厳しい状態であることをよく耳にします。力強く前を向いて進まれている皆さんに恥じないよう、これからも努力して上を目指していきたいと思います」

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ