NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【日本野球機構】「球宴第3戦に被災者、支援者計4,000人をご招待」発表記者会見 (2011/7/7)

オールスターゲーム運営委員会、社団法人日本野球機構は、7月24日に開催される「マツダオールスターゲーム2011第3戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)」において、 NPBパートナー社の「株式会社コナミデジタルエンタテインメント」「ジョージア」「日本生命保険相互会社」「マツダ株式会 社」の4社の協力により、東日本大震災で被災された方々に「夢の球宴」を楽しんでいただくため、「NPBパートナーズシート」を設け、宮城県、岩手県、福島県の少年野球チームや高校野球部部員の方々を中心に約3,000人を招待することを発表しました。

ナゴヤドーム内で行われた記者会見に臨んだ日本プロフェッショナル野球組織の加藤良三コミッショナー(社団法人日本野球機構会長)は、「少しでも多くの被災者、被災地の皆様に憩いの一刻を過ごしていただけることを主催者として切に願っています。今年のオールスターゲームでは3試合を通じて日本全国に野球の魅力、スポーツの楽しさを伝えたい。」と挨拶しました。

また、社団法人日本プロ野球選手会は、オールスターゲーム出場選手の意向により、「オールスターズシート」を設け、東日本大震災において自衛隊関係者等をはじめとする復興支援に尽力された方々約1,000人を招待することを決めました。社団法人日本プロ野球選手会の井端弘和理事長(中日)は、「震災のニュースを知った時、野球選手という立場ではなく一人の人間として何ができるだろう、という思いでした。そして自分たち野球選手は野球を通じてみなさんのお役に立つしかないと思いました。今回、ご招待させていただく方々には全力でプレーし、 持てるものすべてを出すことで、ささやかですが感謝の思いを伝えたい。」と話し、 オールスター出場選手から復興支援関係者への感謝の印として、招待することを説明しました。

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ