NEWS

ニュース一覧へ

  • NPB12球団
  • アマチュア団体
  • プロ関連団体

【横浜ベイスターズ】江尻慎太郎選手が被災地にAED(自動体外式除細動器)を寄贈 (2011/6/13)

横浜ベイスターズ・江尻慎太郎選手が、今シーズン10試合登板を達成するごとに1台、東日本大震災の被災地の学校などの各種施設へAED(自動体外式除細動器、以下AED)を寄贈することになりました。

これは、AEDの製造メーカーである株式会社フィリップスエレクトロニクス ジャパン(代表取締役社長:ダニー・リスバーグ)が推進する「セーブライブズ ジャパン(Save Lives Japan)」活動に江尻選手が賛同し、その活動にパートナーとして参加をする事で、AEDの普及活動をおこなっていくというものです。今シーズン既に30試合登板を達成(6月11日)し、3台を寄贈する事が決定しており、今後も10試合登板ごとにその台数を増やしていきます。

江尻慎太郎選手 AED普及活動について

【寄贈台数】
2011年シーズンにおいて、10試合登板ごとに1台を寄贈

【寄贈先】
東北地方の学校施設などに寄贈予定。
※詳細な寄贈先については、「セーブライブズ ジャパン(Save Lives Japan)」にて選定します。

【寄贈方法】
「セーブライブズ ジャパン(Save Lives Japan)」活動を通じて、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン協力のもと、AEDを購入し寄贈。

【江尻慎太郎選手コメント】
この度は、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン様のご協力のもと「セーブライブズジャパン(Save Lives Japan)」活動のパートナーとして活動できることを大変うれしく思います。

自分自身がAEDの普及に興味を持ったきっかけというのが、約2年前に起こった大学時代の野球部の友人の突然の訃報でした。突然の心肺停止が原因で、大学時代の友人を失うという体験が、僕にAEDの普及活動に興味を持たせるきっかけとなりました。現在、まだAEDに関しては勉強中ではありますが、AEDが、突然の心肺停止などに対して、少しでも人の命を救うことに有効であるという事などを学習しているところです。

現在、僕の出身地である東北や宮城では、まだまだ必要なものが多く、時間が経つにつれてより多岐にわたると伺いました。AEDもその一つで、震災によって多くの建物が流され、損傷をした結果、そこにあったAEDなども不足しているということもう聞いております。

そこで、以前からその普及に興味を持っていたAEDに関して、製造メーカーである株式会社フィリップスエレクトロニクス ジャパン様に相談をしたところ、「セーブライブズ ジャパン(Save Lives Japan)」活動を立ち上げ、その活動を行っているとのことから、パートナーとして賛同し、一緒にその普及活動をおこなっていこうという事になりました。

今シーズンは、1試合でも多く投げ、チームの勝利に貢献するとともに、1台でも多くのAEDを出身地である東北および宮城に送りたいと思っています。シーズンオフには、具体的な活動などにも積極的に参加し、AEDの普及・啓発に積極的に取り組んでいきたいと思います。

【「セーブライブズ ジャパン(Save Lives Japan)」活動について】
詳しくは、「セーブライブス(Save Lives)」専用ホームページをご覧ください。
http://www.savelives.net

読売ジャイアンツ 中日ドラゴンズ 東京ヤクルトスワローズ 広島東洋カープ 阪神タイガース 横浜DeNAベイスターズ 福岡ソフトバンクホークス 北海道日本ハムファイターズ 埼玉西武ライオンズ オリックス・バファローズ 東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉ロッテマリーンズ