東京ヤクルトスワローズ

上野 啓輔

118 上野 啓輔 投手
今日の講義でNPBが物凄く華々しい世界か更に分かりましたし、その分、危機とも隣り合わせな世界だと感じました。また、人一倍努力が必要な世界な事も改めて聞く事ができ、良かったと同時に、この世界に一年でも長く生活できるようにプロ野球選手として、一社会人として成長できるように日々努力し、充実させていきたいです。

麻生 知史

114 麻生 知史 内野手
常に平常心で試合に全力でのぞみます

佐藤 貴規

111 佐藤 貴規 外野手
私はプロ野球を職業に選んだ訳だが、まだ、支配下にもなっていない育成だ。三つ上の兄がプロに行ったことから、小さな頃から夢だったプロ野球への想いが強くなっていった。兄が投げている姿を私はテレビや実際に見ていて、とてもうらやましかった。「なぜ、あんなに楽しそうに投げているんだろう」私は今までやらされていた野球で、その日の練習が終わったらいい、という軽い気持ちだった。しかし、兄という身近な存在が多くの人に感動や勇気を与えているのを私は見て、「勇気や感動を与えたい」と思うようになった。なので、これからは職業としてやる野球で日々練習をし、人々に感動を与えていく「覚悟」を決めてやっていく。

北野 洸貴

116 北野 洸貴 外野手
私はプロ野球を職業に選んだ。小学生の頃から現在まで野球中心の生活を送って来れたことは嬉しいことです。でも私は育成選手です。育成選手なので、結果を求めてプレーをしないと来年は野球を続けることができないかもしれません。プロ野球という職業をそれでもえらんだのだから、必ず支配下選手になって一軍でプレーをするという強い気持ちで頑張っていく。

曲尾 マイケ

117 曲尾 マイケ 外野手
常に全力疾走します